So-net無料ブログ作成

痛いってなぁに [痛みの生理学]

 こんにちは

 梅雨空の合間から、うっすらと青空が顔をだすとほっとしているクロエです

 ニックネームのクロエは サマナーズウォーのキャラ♪ 変更してみました♪
 どちらかというと、無敵と免疫張るクロエより、叩かれるだけに生きてるリナがいじらしいけどね

 さて、今日は痛みについて考えてみたいと思います

 痛み って、厄介だし不快だし何のためにあるでしょうね

 痛いと、痛いところをかばいますし 痛い原因を治そうとします

 熱い火に触れたら、手を引っ込めます

 痛みは、身体からの警告であり、危険から身を守ったり
 身体を安静にして守ろうとする働きもあります

 なにより、不快!!これは脳の感情をつかさどるところに痛みと関係あるからです

 痛いと怒りっぽくなるし、気分がすぐれなくなりますよね~

 そんな、悪役だけどちょっといい奴!!の痛み

 たまに、痛みで快感を得る方もいますが・・・(^_^;)
 不快と快感の信号を間違っちゃったんでしょうね~

 痛みは脳で感じてるってことですね

 なので、痛い画像を見ると 脳は痛みを実際に受けているときと同じ反応をするそうです

 痛みの仕組みから、痛みを知って対策していければ

 痛みを減らすことができそうですね~


 今日はここまで♪

 
 今日も、ギルバトでうちのリナは凶悪な風パンダに殴られてました 耐えろリナ(;´Д`)

 
nice!(1)  コメント(0) 

昨日の勉強会の話 [緩和ケア]

cap7_off.gif 昨日は、がん相談センターで勉強会

 少人数で、ディスカッション型の勉強会をしています

 どうしても、緩和ケアって終末期というイメージ!
 それは、一昔前は治療の効果がなくなってしまったとき
 「これからは、緩和ケアへ移行します」って医師が言ってた時期もあり
 もう終わりだ、というイメージがついてしまったのですね。

 今は、診断と同時に緩和ケア!
 
 その人らしさを妨げるすべてのことが対象になります

 診断され告知を受けた時の衝撃の時
 
 治療を迷ったとき

 心がつらくなった時

 仕事に悩んだとき

 治療がつらくなった時
 
 病気で痛みや症状が出た時

 元気になって社会復帰したとき

 身体はつらいけど、家で過ごしたいと思ったとき

 元気になったら子どもが生みたいと思ったとき

 家族が病気(がん)になってしまったとき

 
 いつでも あなたらしさを保てるために緩和ケアはあります

 とキャッチコピーのようになってしまったのですが

 自分の仕事についても書いていこうと思います
 


 cap7_off.gif
nice!(1)  コメント(0) 

倒れて動けなくなる!! [うつのお話し]

そうそう、倒れてしまったときのお話

 とにかく仕事は休めない!と思っていたし
 病院の先生もすぐには休むなんて難しいだろうから、薬を飲みながら仕事をする?と

 楽になるなら?集中力が付くのなら?と飲んだのはSSRI
 ところが、翌朝にはふらふらでどう見てもおかしい
 まじめな私は、頑張って職場へ行くものの、すぐに具合の悪さがばれて
 1週間休みをもらって自宅へ帰りました

 地獄の始まりでした
 
 薬はSSRIは中止、睡眠導入剤と漢方薬とサプリで過ごすことに

 もう、起き上がれません
 寒くて、のどが渇いて…そして、ものすごく便秘するんですよね
 食事はとれないけど、お茶ばかり飲んでは寝る
 寒いから、ホカホカカーペットに転がりひたすら寝ました
 1週間寝続けました…

 でも

 寝ている間は、ずっとずっと夢の中で仕事をしていました
 もう、どっちが現実かわからないくらいに、仕事をしていました

 薬をのんでも、飲まなくても、身体は長年の酷使で壊れたように
 頭の中は、仕事にとらわれたまま

 ずっとずっと

 ただ、寝ていました

 そうやって、1週間動けないまま過ぎていきます

 
nice!(0)  コメント(0) 

ブログ再開 

こんにちは

久しぶりに更新

身体の調子も整い、アルバイトとがん相談センターでのボランティア再開[黒ハート]
集中しすぎると疲れやすいのが玉にキズですが、毎日元気に過ごしています

雨(低気圧)は鬱々する原因になるようですが
今のところ、問題なく生活していますよ^^

さて続きを書きます・・・


nice!(0)  コメント(0) 

病院へ行く~診断のついた時のおはなし~ [うつのお話し]

仕事が限界だと思い始めて2年~3年は頑張ったょ(´・ω・`)

ところが、限界が来たのは
職場が移動になって数か月、ちょうど新しい職場に慣れた頃でした
今まで以上に、仕事に時間がかかったり、確認を何度もしたり
集中力が低下していました・・・
なによりびっくりしたのは、スポーツバリバリやってた私が
午前中の10時には、仕事中につかれて息切れがしていたこと

なにかおかしい・・・。少しだけそう思い始めていました。

ある日、大事な約束を忘れてしまったと勘違いして
なぜ、その約束が果たせなかったのかも思い出せなくなって・・・
自分を責めて、それこそ車で帰宅中に突っ込みそうになり・・・
その時は、はたと限界に気づき先輩にSOSしてすぐに電話がかかってきて助かりました

翌日には、気も取り直し
後輩と食事もして、いつも通りの調子でした

ただ、少しおかしいなと思っていたので 認知症だったら大変
病院に行ってこようかなと相談して
数日後受診しました

そこで診断されたのは 思ってもみない

 適応障害からくる うつ だといわれました

今更適応障害てw 20年以上している仕事なのにwwと思いつつ
まぁ、病院に行けばそういわれるんだろうな~
楽になるんだったらと、勧められるままに抗うつ薬をもらって帰りました。SSRIでした。

  ところが、ここが入口!そのあと、崩れ落ちるように奈落の底に落ちていったのです・・・。

めんどくさいなんて言葉を忘れてしまう [うつのお話し]

ここ一週間娘のお家に行ってきた(まだ学生です)
娘との時間は楽しいけれど、道中片道3時間・布団の移動はメンドクサイ・・・。

メンドクサイ・・・メンドクサイ・・・

くそったれやな!

元々お口がいいほうではないのですが、そういえば・・・・

気が付かなかったけれど、よくなったと自分で感じた時が「くそ鳥やな!」
と悪態をついた時だった←うちで飼っている文鳥♪
自分では普通だと思ってたけれど、やはり全く違う自分になっていたらしい・・

「めんどくさい」「ま、なんとかなるでしょ」「明日でいいか」

そんな気持ちの自由さがなくなっていたと思う

うつだと診断されても、いつもと違うことと言ったら「体がうごかない」「寒い」「本が読めない」「テレビがみれない」だった。

死にたいこともない、ただただ「頭がまわらない」
何が起こったかわからなかった・・・・
一つのこともやっとできる状態だった・・・。
そして、色々なことが頭に渦巻いて作業を邪魔する・・・・頭が休まらない
ご飯を作っていても、何をしていても頭の中は何かでいっぱい

    脳みその暴走wwww

死ぬように寝たけれど・・・、毎日夢の中で仕事をしていた

 今考えたら、頭の中身は壊れていたのかな・・・・

あ~、今日は疲れたからこれまで♪

   またあした

 ギルバトの時間だ!!
テレビを見ながら、ギルバトして育成して・・・文鳥と遊ぼう♪



                

おかしいなと感じ始めた時期 [うつのお話し]

ぶっ倒れる前に・・・、今考えたらおかしいなと思い始めたころのこと。

仕事が限界だな・・・と感じ始めたのは、倒れる3年前くらいだったかな
いや、もっと前かもしれない・・・。

「最近、忘れっぽくなったんです。」

そう周りに言い始めた頃、少し変だなとは思ってたんです。

周りの反応は・・・
「ちょっとずつ、物忘れってひどくなるよね~。私たちお年頃だから、みんな一緒」
「メモを取って覚えているようにしてるよ」

なんか少し違う気がするけどな・・・みんなこんなんなのかな?

そう思いながら、仕事には集中力がそれまで以前より必要になっていました。

毎日、スケジュール帳を朝・昼・夕とチェックして・・・・
それまで普通にできたことが少し崩れかけた頃ですね。
それは少しずつ、年齢だといわれたり更年期だと言われたら
そうなのかなぁ~、とまだ納得できるものでした。


趣味の回数もだんだん減ってきて、休みは家にいることが多くなって
休日に仕事を持ち帰ってすることも徐々に多くなりました

うつなんて思ってもみなかった時期です。
だって、気持ちが落ち込むことはそうなかったからです・・・・。

そうやって、見過ごしてしまっていました

       いま振り返るとですね。本当に・・・・。


お仕事・お仕事・お仕事・子育て・子育て・そして遊ぶ♪ [うつのお話し]

仕事は3人前のてんこ盛り♪[右斜め上][右斜め上]

ここ数年は、朝早くから夜遅くまで、仕事大好き人間みたいに見えるんじゃないかってほど職場にいました[ビル]

もちろん好き好んでいたわけじゃありませんよ?終わらない!そりゃそうだ、人の3倍してるなら24時間はかかるってことよね[モバQ]
人の2倍は早くこなせるから、12時間は職場にいたw

まぁ、それくらいの職場なんてざらにあるから、とくにひどいことだとは思わなかった。

若いころから、まわりの人に人間じゃないって言われるほどよく働いて、よく遊んで、核家族で子どもも3人育てて自分でも不思議なくらい元気だったんですよ?
20歳で結婚してそのまま子育て、仕事・仕事・・・・昼も夜もなく。もちろんそんな昔に育短なんてありませんw
ちなみに、上2人は育児休暇もない時代で、休みは産前産後8週間ずつしかなかったのです[たらーっ(汗)]


でも、きっと身体は正直!夜勤もこなし、20年もそんな生活をしていたらやっぱり無理だったのかな
急に閉経、そこから体調も変化[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

これが世にいう「更年期」っつーものか!?[あせあせ(飛び散る汗)]

  ってことで次回に続きます[カチンコ]

  今日も楽しくお家でサマナーズをしていました♪
  いま、まだお家で文鳥たんと一緒に遊んでいるほうがいい感じです♪
 
  病気はほとんどよくなっていますよ♪

            仕事すれば駄目かもしれませんが・・・いまのところは大丈夫です。

  

あしたば日記

明日葉は食べられる草だけれども[あせあせ(飛び散る汗)]

花言葉「未来への希望」は、摘まれても、摘まれても明日にはすぐに伸び出す葉をたとえたものだそうです。[黒ハート]

人間は、時間の中で生きている、どんな小さな希望
「明日おいしいランチを食べる[レストラン]」でも
「将来は海賊王になる![パンチ]」でも
未来への希望や目標があるから生きていけます。(村田理論でいうところの時間存在www)

私はもともと活動的で、あっけらかんとしてくよくよしない!趣味も多くて友達も多い、タフな人間でした。
なんで過去形なのか?
それは「うつ」という病気からそのタフで元気な自分から引きずり降ろされちゃったんです。[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

予兆は今振り返ればたくさんあったんだけれど、一般的に言われている心の病気のような症状が少なくて、よくわからないうちに、気が付いた時には動けなくなっていました。もう地獄の始まりです。

本やネットには、うつについての基本的なことは書いてあるけれど、知りたいことがあまり書かれていないことが多いですよね。
このブログでちょっとでも誰かの心が楽になれたらいいなぁと思って始めます。[わーい(嬉しい顔)]